2016 Kudzu-fu Workshop

the first time:2016 3~7 Aug.

the deadline has passed

the second time:2016年24~28 Aug.

There are some seats for the second time workshop yet.
We recommend an early application by fax or e-mail,cause we are often away from studio in Aug.

You can learn all about kudzu!!

Think about a sustainable coexistence between people and nature
and environmental problems through cloth.
Get hints for the next new era.

DSC_1628.JPGKudzu is known as the seven autumn plants by Japanese.
Kudzu-fu is woven with fiber which was gain from kudzu vines.
People has been used non twisted kudzu thread for weft and cotton for warp.
It is recognized as three major primitive clothes in Japan.
You can learn how to make kudzu-fu and history of kudzu-fu in this workshop.

There were many participants in this workshop from various regions.
They were paticipants who were complete amateur about weaving and dyeing , expert dyers and weavers , interested in dyeing and weaving , researchers etc.
They were really exciting!
And there were some participants who are thinking about a sustainable coexistence between people and nature through primitive clothes.
There is a friendly atmosphere at this workshop and participants will make friends each other soon.

2016 Workshop

the first time:2016年 3(Wed.)~7(Sun.) Aug.
the second time:2016年 24(Wed.)~28(Sun.) Aug.

Cotton Workshop won’t be held this year.
Apply for Kudzu Workshop by e-mail , fax , and phone.

2014 Workshop album
LinkIcon2014 worlshop
2011年 Workshop album
LinkIcon2011 workshop

Schedule

fieldwork , lecture , fruitful five days!

first day
haevest kudzu vines , making Japanee pampas grass bed , fermentation , lecture
second day
lecture oh kudzu-fu history (consider environmental problem through sustainable clothe)
making kudzu threads with kudzu-o

convivial party at evening

third day
dyeing kudzu-fu(vegetable dye) making kudzu threads
fourth day
washing kudzu in the river , making kudzu tsuguri
fifth day
weaving kufzu-fu , meeting for reviewing

Process for participation

1.Ask us attendance documents by e-mai , phone , fax.
2.We will send you attendance documents for example attendance application , more info.etc
3.Choose whether the first time or the second time (you can apply separately the first time and the second time.
Partial participation will be also welcomed.
4.Choose stay at hotel or not.
5.Fill out an application and send it by e-mal , fax , post.
6.Pay a deposit by postal transfer , bank transfer , net shop.
7.Pay the balance of course fee. (you may pay it on the first day of workshop)
8.We wikk send you the final information a week before workshop.
9.Prepare the items necessary for workshop and attend workshop.

Particiation fee

¥54,000(tax included)
(deposit¥10,000)+ accident insurance¥1000

total ¥55,000
Additional fees are required for accommodation , meals , material fees for dyeing
convivial party expense around ¥5500

LinkIcon受講料ネット支払

Deposit

Your attendance will be accepted firmly with deposit ¥10000
Tou can make deposit by postal transfer, bank transfer , credit card in net shop

LinkIcon受講料ネット支払

The balance

You can pay the balance ¥45000 in cash or by credit card (VISA MasterCard AMERICAN EXPRESSon) first day of workshop , or by postal transfer or bank transfer in advance.


original_cardlogos.png

LinkIcon受講料ネット支払

Lump-sum payment

You can pay in a lump-sum ¥55000 by postal transfer , bank transfer , credit card in on-line shop.

LinkIcon受講料ネット支払

one day participation

We will also accept those who want to participate one day ~four days .
It costs ¥10800/day
Even you are going to participate one day , deposit ¥10000 will be welcomed.
And please pay accident insurance fee ¥1000.
Total cost the number of participate days ×¥10800+¥1000

Kudzu-fu Workshop  Q&A
Click banner for further information

◆ Our policy of refund

● If you cancel by seven days before workshop , we will refund the total amount except a deposit and bank transfer fees .
If you cancel from six days before workshop to the day before workshop , we will refund the total amount except a deposit , bank transfer fees and accident insurance fee.
You can not cancel after workshop starts .
We are very sorry but we can not refund a deposit in any case.

Partial participation

You can participate kudzu-fu workshop partly , for examle three days in the first terms and two days in the second terms.
When you complete five days couese even partly , you will have a completion certificate .
We need ¥1000 for accident insurance for each terms , so if you will participate both the first terms and the second terms you will have to pay total ¥2000.

Fee for partial participation

Fee for partial participation ¥10800/day or half day
Deposit ¥10000
Accident incurance ¥1000/day

You can pay the fee for deposit and participant on line.
LinkIconfor payment

■Extra Cost

cost for kudzu bast, kudzu thread , kudzu-fu , silk yarn, cotton yarn etc. for dyeing
You can pay for the material for dyeing by credit card at our workshop.
cost of lunch , dinner
cost of accommodation (fee for breakfast is included)
cost of convival party ( around ¥5500)
entrance fee of hot spring
cost of transport to the workshop

◆Accommodation

We rreccommend a business hotel to you.
If you make hotel reservation to us directly, you will have benefits as below.

■Hotel 123 Shimada
single room ¥5200/day (tax and breakfast included)→¥4900 reduced price for workshop participants
twin room ¥7000/day (tax and breakfast included)→¥6700  reduced price for workshop participants
You can choose the non-smoking room or smoking room.
You can get the hotel about 2~3minutes on foot.
Please contact the hotel if you need a detailed explanation
Parking available
You may send your luggage to the hotel prior to your arrival.



Hotel 123 Phone number 0547-34-0123img_12.jpg

LinkIconhttp://www.hotel123.co.jp/shimada/index.html

■Access

■By train

Take Tokaido Shinkansen and get off at Shizuoka station or Kakegawa station.
Change the train to the local line and get off at Kanaya station.
Change the train to Ooigawa train line and get off at Shinkanaya station.
It takes 15minutes from Shinkanaya station to our workshop.
工房地図

大きな地図で見る

◆By car

2km south from Kanaya ojiro interchange of National Route 1  
15 minutes drive from Makinohara interchange of Tomai Expressway.
2km 7minutes drive from Kanaya interchange of Shintomei Expressway.

Parking available
工房地図

◆Pick you up

On day one we will pick you up at Japan railway Shinkanaya station at 9:06.
Get off the train at JR Kanaya station at 9:01 then change the train to the local line . Ooigawa railway and get off the train at Shinkanaya station at 9:06
The timetable may change by season, please refer to the following.

LinkIconOoigawa railway timetable

◆Access to the workshop from Hotel 123

 On day 2 to day 5 please come to the workshop by yourself.
Take the train from Shimada station to Kanaya station and walk to the workshop. It takes around 15 minutes.
You can borrow a bicycle from Hotel 123 free of charge.

We will drive you to the hotel everyday.

■Things to bring

Harvest kudzu: Sickle(prune off Japanese pampas grass) If you cannot bring sickle, we will borrow you it.
Pruning scissors( for cutting kudzu vines)
Long sleeves, long pants, hat, sunblock….
       
Do not wear black, or Bees consider you as a enemy and might attack you.
Dyeing: Apron,rain shoes,plastic long groves.
Washing kudzu: We will enter into the river,wear short pants or swimming wear, flip-flop sandals, hat.
Weaving : small scissors , marking pins , glasses. slippers
Extra things: Insuranse card, medicine for insect bite and you own diseases.

◆懇親会

懇親会

ホテルの近くで懇親会を行います 自由参加ですが是非 出席ください。
素敵で美味しい懐石料理に舌鼓を打ち、懇親会を経て皆さんがずっと身近になります。
着物の方、大歓迎です 親方 女将も着物で参加します
懇親会費用(¥5,500ぐらい)

健康管理

健康管理

ワークショップは暑い盛りにおこないますので、健康管理には気をつけて下さい。ワークショップ内容は安全、健康などに気をつけていますが、基本的に自己管理でお願いします安全を図るため、持病がある方、体力的に不安のある方、前もってお知らせ下さい緊急連絡先も必ず お知らせ下さい保険証は必ずご持参下さい

◆近くの観光地

近くの観光地

前日、もしくはもう一日残って付近を散策するなら
大井川鉄道の蒸気機関車 島田市 LinkIcon大井川鉄道
東海道の石畳 島田市 LinkIcon石畳
お茶の郷 島田市 お茶の郷
工房近くのスポット案内
秋野不矩美術館 浜松市
御前崎 御前崎市
久能山東照宮 静岡市
静岡県立美術館 静岡市 

LinkIcon詳しくはこちら

■問い合わせ 

問い合わせ 
大井川葛布 村井まで

☎0547-45-4151
fax 0547-45-3200  E-mail kuzuinfo@kuzufu.com

〒428-0021
静岡県島田市金谷泉町5-1  
E-mail

一人で参加しますが大丈夫ですか?

一人で参加される方が多いです。ワークショップに集まる方は不思議と良い方が多いのか、興味が共通しているためか、すぐ打ち解けます。ワークショップが終わる頃には 離れがたく泣き出す人も(ホントです)
前に疑っていた方もいましたが 最終日には泣いていました!

織物をやったことがないのですが大丈夫でしょうか?

ワークショップにはいろいろな方が集まります。プロの染織家や研究者から趣味で織物をされている方まったくはじめての方 でも葛布はみんな初めてです。安心して下さい。皆さんで助け合って素晴らしい葛布を織り上げていきますよ。

どんな方たちが集まるのでしょうか

以前は染織に興味ある方だけが集まっていましたが、最近では自然環境に興味ある方、植物や農業に関わりのある方、衣服の成り立ちに興味ある方など 様々です。プロの染織家、織物の先生、大学の教授、研究者、農業従事者 自然学校の先生をはじめ 、このワークショップで初めて織物に触れるかた など本当に様々です。が 不思議と仲が良くなり ネットワークができ、今でも年に一回集まっているグループもいます。

暑くはありませんか

夏なので暑いです。が大変なのは初日。 ススキの刈り取り 1時間ぐらいが すこしたいへんです。がなるべく朝方の涼しい時にやってます。 葛の刈り取りも 最近ではお昼までに終わり 暑い午後2時頃を避けています。染色実習のときは屋外ですが 日陰もありますので 大丈夫です。4日めの川での作業は 川の流れに浸かって、とても気持ち良いです。あとは屋内の作業、レクチャーが多いので大丈夫かと思います。

体力的に自信がないのですが

大丈夫です 無理のない範囲で 作業をしてください。講師も手伝います。また横で見学していてもかまいません。

年寄りですが大丈夫でしょうか?

大丈夫です 若返ります・・・   無理をしないようにすれば 皆さん大丈夫ですよ。今まで最高年齢は80歳を超えています。年配の方は自己管理が出来ていて かえって安心です。 今までの経験では 若い人のほうが無理をして体調を崩す方が多いような気がします。

懇親会について

懇親会は是非ご参加をお薦めします。皆さんの作品やお話が聞けて その日からワークショップの雰囲気が変わります本当は初日の夜にやりたいのですが、遠くから来ている方も多いので お疲れになってると思い2日めに設定しました。着物や浴衣を着て 美味しく美しい料理に舌鼓をうち 素敵な会になります

懇親会は着物でなければいけませんか?

大丈夫です。少しおしゃれして来て下さい。ドレスコードは「楽しくおしゃれな服装」浴衣や着物を着ることが出来る方はなるべく着ましょう。また自分で作ったり織ったりした服でも楽しいです。親方、おかみさんは葛布の着物着て行きます!

遠くから来ますか? 遠いのですが・・・

遠くから来るあなた! きっと今まであなたより 遠くから来ている参加者がいます。静岡県内、関東圏なんて 近い近い!
2015年「北は北海道、南は台湾」から参加者が。東北からもたくさん来ています。西は山口、九州 から 南は 沖縄、宮古島から遠くはアメリカ カルフォルニアから ロシア、サンクトペテルブルグ ノルウェー からも来たことがあります。ですから あなたはまだまだ近いです!

北海道、九州から来たいのですが?

数年前 静岡空港ができました。工房から12分。福岡には一日4往復 北海道は一日1便 とても便利になりました。中国なら 上海 韓国ならソウル 台湾なら台北 と国際的にも便利です。
LinkIcon富士山静岡空港

遠くから来る方へ

 遠くから来る方は 前の日にホテルに入ることをお薦めしますが、当日多少遅れてもかまいません。
最終日は16:30には 必ず終了しますので 帰りの便を手配くださって大丈夫です。
工房の周りは観光地も多いのでもう一泊して観光するのもよいですね。
月曜日は休館の施設も多いのでご注意下さい。

LinkIcon工房近くの観光地

ワークショップ見学だけしたいのですが

ワークショップの皆さんは受講料を払って葛布を知ろうとしている方たちです。また講師もそのために準備をしている内容の濃い本格的なワークショップです。なので見学のみはお断りしています。受講料をお支払い頂き、見学をするのであれば かまいません。なお、通常の工房の見学は随時できますので ワークショップ期間以外でお出かけ下さい。
また 一日レクチャーも随時開催しますのでご利用下さい

何回ぐらい参加するといいのでしょうか?

 ワークショップは一通りの事はやりますので 内容的には十分ですが、一つの工程が次の工程につながる意味が一回だけ参加では理解できないように思われます。

毎年参加されることをお薦めします。 

5回続けて参加された方もいます
でも時間的にも経済的にもそうはいかない・・・・方もいるかもしれません。
その場合、葛布ワークショップに参加したあと ご自分で何回か葛採りをし、一年後また ワークショップに参加されると つながりが見えてくるように感じます。そして 3年目、4年目自分で葛採りをしてから 5年目ぐらいにまたワークショップに参加されると 修正点がみつかって上達します。講師も葛布の研究を日夜進めており、レクチャーも毎年少しづつ進化していますので 5年目には新しいことがかなり判ってきます。

葛布のこと 人に教えて良いのでしょうか?

ワークショップで学んだことはもちろん人に伝えてかまいません。葛布のすばらしさを伝えることは大いにやって下さい。資料として「葛布の話」というリーフレットがありますので是非お使い下さい。

LinkIcon葛布の話

しかし伝統を遵守する立場からいいますと、一回だけの参加で実技を伴うレクチャーは難しいと思っています。他の人に正確な事を教えることはできないとおもっています。今まで間違って伝えている例もありましたので、何度かワークショップを受講して 講師から大丈夫だと言われてから 教えるのが良いと思います。 ワークショップ一回参加で 初級コース終了です 今後中級 上級 インストラクターコースを設定していきますので葛布について大いに学んで下さい。

葛布を自分で織っても良いですか?

どうぞワークショップで学んだあと たくさん葛布を織ってください。 技術伝承の系譜をはっきりさせるため、大井川葛布ワークショップで学んだ事だけは明記してください。その上で 自分なりの葛布作りを発展させてくださいね。日本中で葛布の作家がでてくるのが 私たちの願いです。

夫もついてくると言いますが?

どうぞご夫婦でご参加下さい。 今までも何組かのご夫婦がワークショップに参加されていますよ。
また、ワークショップは参加しなくても大丈夫です。工房の周りは見所がいっぱい。結構旦那さんが釣りをしたり、観光したりして、お二人で来ているかたも 今まで何組かいました。 でも 懇親会、温泉は一緒にいきましょう!

自然布のこと知りたいのですが

実は大井川葛布工房 全国古代織産地連絡会の事務局があります。日本中の自然布、古代布の情報が集まっています。沖縄から北海道まで 植物の糸から作り上げる産地工房をご紹介できます。自然布を知りたければまず 大井川葛布のワークショップですね。

研究者なのですが?

今まで 大学の教授、研究者、学生の方も来ています。海外の研究者も来ています。葛布はとても興味深いとおもいます。レクチャーもかなり詳細で専門家でも満足いけると思います。そちらの研究と此方のレクチャーですりあわせて新たな事が判ったりします。

卒業制作にしたいのですが?

3年生の方は大丈夫です いままでたくさんの学生の方がいらっしゃって、卒業制作に葛布を使っています。4年生の方は 葛布の収穫時期が限られていますので 前期参加が良いかと思います。

ホテルを相部屋にしたいのですが?

こちらからは相部屋の斡旋を中止しています。今までの経験でやはり5日間他人と同部屋はつらいようです。
親しい友人となら ツインの部屋もたのしいでしょう。過去学生さんが3人で一部屋とって来たことがあります。

予習をしたいのですが、文献を教えて下さい

染織α 2000年7月号 大井川葛布の光沢とその魅力大地の染織民芸の教科書 染めと織りなどです。 英語の文献もありますこのウェッブページの中にも 葛布のこと満載ですので じっくりお読み下さい。

お問い合せ

大井川葛布 村井まで
0547-45-4151  fax 0547-45-3200
〒428-0021
静岡県島田市金谷河原1747  
kuzuinfo@kuzufu.com