| HOME | 活動報告 | 工房からの風2003 |

CRAFT IN ACTION 工房からの風 2003

 10月4日5日と千葉県市川市のニッケコルトンプラザ野外で「工房からの風 Craft in Action」が開催されました。昨年11月審査の上、作家が選定され、そこから主催者、作家同士のやりとりの中で作られたイベントです。開催まで一年近くかけていろいな動きがありました。私も他の作家さん達と交わりながら創っていた物もあります。こんな形のイベントは初めてではないかと思いました。今後のクラフト展のモデルになる気がします。とにかくまだ興奮が冷めません。風が心の中を吹いています。そんな感動を皆様にもとおもいまして、葛布通信とは別ページで特集します。

CIAその1

DSCF0941.jpgDSCF0940.JPG 

 スペイン階段前のテントが私のブースです。入り口に近いので最初に皆さんが訪れてくれました。
今回は作品を絞って持ってきたつもりですが、案の定中近東のバザール状態の展示になってしまいました。真ん中ののれんは7月に織成賞入選作です。葛苧が人気。全部売り切れました。これで今年の葛苧は全て販売済み。来年を待たねばなりません。

お隣は猫人形の松本浩子さん、後ろはガラスの佐々木みどりさんでした。忙しかったのでゆっくりお話出来ませんでした。

DSCF0914.JPGDSCF0926.JPG 

小美濃さんがスツールの上張りを募集。早速私が名乗りをあげ、織り上げたのが真ん中のちょっと軽薄な布。「リゾート葛布」と名付けました。手紡ぎエリ蚕と葛を交互に自由自在に気が向くままに織りました。織っている間とてもリラックスしました。
彼のHPここ見て下さい。LinkIconhttp://oikos.eco.to/ 

DSCF0915.JPG DSCF0916.JPG 

輪島塗りの桐本さんとは6月ここに打ち合わせに来たときに知り合いました。早速二人で一献傾けて、そこで葛布に漆を塗ろうと話がまとまりました。そこで出来たものがこれ。布目が予想以上に立体的に出ていました。

DSCF0924.JPGDSCF0930.JPG 

荷物下ろしを手伝っていたところ車が静岡ナンバー。何と向かいの阿尻さんは御前崎町から。同じ静岡、同じ榛原郡とは奇遇です。彼女、一日掛けてガラス炉をつくり、次の日朝4時から火を入れ、11時頃から吹きガラスのワークショップをおこなっていました。多くの人が体験していました。

DSCF0934.JPG中村さん 
同じ静岡県からは浜松の芽ふき屋、中村さん。同じ榛原郡の吉田町渡辺一弘さんがいました。渡辺さんは近い内にお隣島田市の大井川上流川口に引っ越すそうです。中村さんとも懇親会で熱く語ってしまった。

DSCF0939.JPG会場風景 

DSCF0925.JPG秋谷茂郎さんは陶器。松本クラフトフェアでも会いましたお友達です。

 
萩原千春、朋子夫妻(陶器磁器)とも仲良くしていただきました。

CIAその2

今回のイベントは染織関係の出展者が多かった。そもそもニッケコルトンプラザの前身は日本毛織の工場だった。毛糸を作っていたそうだ。 素晴らしい展示ばかりで、もっとゆっくり見たかった。ゆっくりお話をしたかった。

DSCF0936.JPG 
「草の布」で有名な矢谷左知子さん。
是非会いたかった作家の一人である。葛と苧麻で作品を作る。今回はオブジェを神社横に展示。独特の空間を作っていた。
 どんな葛布を作るかと興味津々であったが、とても美しく、繊細で、柔らかく、表情が豊かな葛布であった。活動し始めて10年とのこと。いまや第一人者である。

DSCF0922.JPGDSCF0920.JPG 
苧麻の祠?(矢谷さんの作品)葛布のテント 下は葛芯で織ってある

DSCF0927.JPGDSCF0917.JPG 
しな布の藤野敦子さん。糸のつなぎ方を教えてくれた。若いのにすごい。
大井川葛布はご存じで一度山形のギャラリー東風さんにきてくださったとか。光栄です。
出身は市川市。コルトンのご近所だそうで駅までの道を案内してくれました。

DSCF0928.JPGしな布の横は太布。すごいでしょ!!
楮を裂いて布に織り上げています。
徳島からきた石川文江さんです。

 今回のイベントは日本の原始繊維勢揃いの様相を呈していました。写真取らなかったのですが、宇治の「青土」橋本さんは苧麻やいろいろな麻を持ってきていました。橋本さんは松本クラフトの常連で今回はご主人と麻、葛について何度も話し込んでしまいました。
大胆な藍の絞りの大塚一男さん。フェルトのカラフルなボールのワークショップしていた溝口恵子さん。麻紐で簡便な二重織り考案した歌川智子さん。
いろいろな繊維を並べて作品を作る舞良雅子さん。大豆生田博子さんは茨城県水府村で工房を開いています。
杉浦貴美代さんは天然繊維で明かりをつくっていました。写真取ったのに失敗してしまった。ゴメン。来年は葛芯を送る約束をしています。紬の日野初江さんの所は見ることが出来ませんでした。残念。

DSCF0929.JPG大森さん夫妻は大麻農家。大麻の紙を作っています。まだ20代ですよ。頑張って欲しいと思います。

DSCF0919.JPGDSCF0918.JPG 
大麻の苧引きの様子 とても魅力的な繊維です
 

DSCF0935.JPG圧巻はこの人。亜麻(リネン)の斎藤田鶴子さん。リネンがこんなに美しいモノだとは・・・!!感動です。 ベルギー、アイルランドの亜麻を使い、現在ローマに住みながら亜麻布を織っているそうです。
 上質な亜麻は銀色なんですよ!
懇親会では横に張り付いてお話を

DSCF0932.JPGDSCF0933.JPG 
いろいろな種類の羊や獣毛を紡いで作品にしていた吉野綾さん。藤棚の下での展示は素敵でした。にっこり笑った笑顔が上質の羊毛のように暖かかった。彼女のHPはここLinkIconhttp://www.cooji.net/ 

DSCF0938.JPGご近所のブースには金森愛さん。数年前会ったことがあります。彼女は真木テキスタイルの展示会準備で静岡に来ていたことがあり、そこでお目にかかりました。
 左はシルクのスカーフ。21中一本という大変ほそ~い糸を緯糸に使っています。大学では日本刺繍専攻していたそうです。

CIAその3

DSCF0923.JPGDSCF0931.JPGDSCF0937.JPG私のブースにもいろいろな人が来てくれました。初日は長女を助っ人として連れてきました。吉田さんも店番してくれました。今や彼女、大学の織物の先生です。左はさおり織りの先生、萩谷さん。やはり店番してくれました。ありがとう。上の国籍不明の人は真木テキスタイルスタジオのパルバさん。彼によれば、出展者の中にも真木テキスタイルのOGがたくさんいたとのこと。ちなみに彼と私は同じ歳なのだ。どっちが若いと思います?
 
 多くの素晴らしい出逢いがあった「工房からの風2003」スタッフの皆さんありがとう。出展者の皆さんありがとう。来て下さった皆様に感謝。
特に店番してくれた方に感謝。お買上下さった方に感謝。コルトン神社の神様にも感謝。
 
 またこんな素晴らしいイベントに出たいと思いました。
2003年10月10日記